男の一人暮らし>1児の父―ゆず、旅行、自転車

アクセスカウンタ

zoom RSS ■祝・30周年〜下町の旅

<<   作成日時 : 2006/10/05 02:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

先週9月24日、日曜日の話。

友人からの誘いと、『そういえば、こんなに近くに住んでるのに、「柴又」とか行ったことない(てか、どこにあるかよくわからない)なあ』という気持ちと、先日買った『超・こち亀』にあおられて、亀有→柴又→矢切の渡し、というちょっとシブイ旅を楽しんで来ました。

画像まずは亀有駅前。
『超・こち亀』に紹介されていた通り、JR亀有駅(てか、亀有って常磐線だったんだ…)の北口出口を出ると、いきなり両津勘吉の銅像が。
そこから、メインストリート?を進むとTUTAYAの裏に「亀有公園」が。
…ちなみに、モデルになった?亀有公園前派出所は、実在せず、どっちかというと、亀有北口駅ロータリー前派出所といった感じ。
でも、亀有公園自体は結構良かったですよ。結構のどかで、子供達がたくさん遊んでて非常に良い空間でした。

そこから、アリオ亀有で昼飯兼朝飯を食べ、いざ柴又へ。
ていうか、亀有からは徒歩で行くとそれなりに歩きます。
その道のりのすぐそばに現れるのが中川にかかる「中川橋」。中川は『こち亀』の中川の名前の由来になっとか。
そこから東へ向かって道なりに行くと、亀有署、児童公園(ここ凄く良かったです。)など色々なスポットを通過し、いよいよ帝釈天。



画像まず、駅前の寅さんの銅像がとても良いです。
服のシワ具合といい、ポーズのシルエットといい、かなりリアルです。
その寅さんに別れを告げ、とても味のある帝釈天の参道を進むと「とらや」が。
この時は次の目的地、「矢切の渡し」の最終がせまっていので、さっさと参道を通り過ぎてしまいましたが、今度改めて「とらや」をはじめ、参道の店をそれぞれゆっくりみたいですね。
そんな良いオーラを出した店がいっぱいあるスポットでした。

それから、『矢切の渡し』へ。
河川敷を歩いて行くと、野球場のすぐそばの川沿いに小さな小屋?が。
着くとちょうど、1つ前の船が出発したところです。
とてもゆったりと進むため、行って戻ってくるまで約20分。

いよいよ我々の番です。
20人ほどを乗せた船はゆっくり(出足はエンジンを使っているようですが)、船頭のオールにゆられて進んでいきます。想像していたよりも静かで、向こう岸まで着く間の静寂も、『矢切の渡し』の良いところではないでしょうか。

川を渡り土手をあがると、そこからは眼前に畑が広がります。
畑を突っ切る「野菊の小道」もまた、凄く良い感じです。とてもゆっくりと時間が流れていきます。最終的に矢切駅に着くまで、普通の生活空間も含め、とても良い場所です。
観光としてはおそらくそんなに人が集まる感じではないようですが、どこぞのメジャーなところに優るとも劣らないベストスポットです。

ぜひ、オススメですね。
そうして、連休の最終日を堪能し、飲みに出かけました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
■男はつらいよ―柴又、押上、浅草
先日の地震以来、徐々に落ち着いては来てるけど、まだまだ影響の残る生活。 普段はこんな時期にお休みはいただかないけど、今回は年度末ギリギリに有休をいただいて、ブラブラしました。 ...続きを見る
男の一人暮らし〜旅行、チャリ、映画、小説...
2011/03/31 01:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
■祝・30周年〜下町の旅 男の一人暮らし>1児の父―ゆず、旅行、自転車/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる