■関東甲信越小さな旅in鎌倉~江ノ島

会社の同僚の家へ遊びに鎌倉へ遊びに行きました。

駅に着いたら、迎えに来てくれた同僚の家へ出発。
『通勤路で行くから』と若宮大路から脇道へそれると、もうさっそく良い雰囲気。
道を歩いていると、次々に登場するお寺さんの全てがそれなりのしっかりした造り。緑があふれた癒しある旅の小道を抜け、大通りをしばらく歩き、同僚宅へ到着。

『おお、なんですか、すごい物件じゃないですか』一緒に行ったもう一人の仲間と感動。
超・好物件。おしゃれな外観と広々したロフトのある天井の高い一室。自分自身の部屋もロフトつきで、結構気に入っているのですが、やっぱり人のお宅はうらやましくみえますねえ。
差し入れたチーズケーキを食べたりしながら、小一時間まったりさせていただきました。


画像…そして、先輩の家からまた裏路地の散策を楽しみながら鎌倉駅へ向かい、江ノ電に乗って鎌倉大仏へ。

子供の頃(おそらく遠足)に来た記憶があるのですが、来たこと以外詳細な記憶無し。
改めて見ると良い感じです。
今日は最高の観光日和。その青空の下で久々にみた大仏はより神々しく見えました。


…鎌倉駅に着いたのが12時半。同僚宅や大仏へ行っているうちに既に15時過ぎ。それそろ空腹になってきたので、遅めのランチのため、本で調べた店を探して稲村ヶ崎へ。



画像稲村ヶ崎へ到着。

おお、まだここは夏の残り香がありますなあ。景色も最高です。
7月に千葉の稲毛海岸に海水浴というかバーベキュー&飲みメインの海水鑑賞?に行ったのですが、そこの海は汚い汚い。まるでどこぞの秘湯のような色。
あれをみていただけに、そのギャップでよりキレイにみえます。

しばらく海を眺め、海沿いの道を歩いて、お目当ての店へ向かって移動。
『…あれ、ここだよね。多分。』同僚が一言。

お目当てのお店は見事に別の店に変わってました。
しかも、チェーン店に。ここまで来てチェーン店もなんなんで、再度本をチェック。
よし、今度こそと、探したお店は「鎌倉高校前」。空腹の3人にはよだれの出そうなビジュアル。既にカウントダウンが始まっているので、さっさと移動です。

画像さあ、今度こそと着いた駅から、また海岸沿いの道を移動。空腹をこらえてトボトボと歩いていたら、あれこの辺のはずなのに。。。なにやら店があった形跡が。。。『ここもかよ・・・』。
仕方なくしばらく歩き続けると、仲間から聞いていた別のお店が。『あっ、これがあの店か!』本当は七里ヶ浜から行くのが良いようですが、さまよい歩いて偶然オススメのお店『アマルフィイ』に遭遇。
時間は既に16時。最早ランチじゃありません。もう、限界です。ここに入りました。

道から少し階段を上がって、入り口の横のテラス席では、目の前の海原を眺めながら最高の食事を楽しめる特等席。中は中で超・おしゃれな雰囲気。

落ち着かない3人(男2人女1人)。
皿を鳴らして『ゴーン・・・』と正月っぽいサウンドを店内に響かせてしまったり(高級そうなサラダ皿が良い音出してくれました)、注文したパスタとサラダ以外に出てきたパンに、店のシステムがわからず同様したり。
そして、その状況がツボに入り、クスクス笑いの止まらない女子1人。
完全に浮いた3人。
…そんな浮いた3人でしたが、店内の雰囲気も食事も眺めも最高。あくまで我々が浮いていただけですのであしからず。

画像本日の観光スポット最終地点、江ノ島に到着。
ううん、良いタイミングです。島に渡り、最近出来た変な外観のスパをちょい見してから、弁財天まであがり、軽く江ノ島を楽しんで戻ってくると、とっても良い夕日が。

『そろそろ、鎌倉に戻ろうか・・・』
旅につきもののハプニングもありましたが、それもまた非常に良い味付けとなって、凄い楽しめました。

よし!旅の締めくくりだ。どこかに落ち着いて飲もう!
・・・ということで、鎌倉へ。




ここまで、ランチで緊張し、1日なんやかんや歩き通しだった3人は、疲れた足を引きずって鎌倉駅を徘徊しましたが、良い店がなかなかみつからず。
そこで、夜のひと気の無い小町通りから表通りに出て、小道を覗いてみつけたのが「鎌倉キネマ堂」。古き良き日本映画のポスターや本が四方の壁にビッシリの味のある良いお店です。
(注:サイトを観た第一印象は本屋かなんかに見えますが、お食事するところです。)

ここ凄い良いお店なんですが、店に先頭で入った同僚が沈黙。『なんで、立ち止まるんだろう?』と想い、やっと入った店内は。。。毎週土曜日午後7時、という超ピンポイントの邦画鑑賞会の真っ最中。
もの凄く会話しづらい中、とりあえず、食べておきたかったしらす丼やおいしいビールとかをそそくさと食べて早々に退散してきました。

画像ここで、今日の反省会のはずが、全くもって飲み足りず。
そこで、鎌倉在住の同僚が気になっていたが、ひとりではいけなかったという、「Milk Hall」へ。

駅から小町通りをしばらく行くと、通りに看板が置いてあります。
それにしたがって十字路を左折すると、怪しい生首が並ぶ美容院の先の小道をもう一回左折したところに「Milk Hall」はあります。

まず、店頭でシャム猫がお出迎え。多分ここは昼間に来るより、夜がオススメ。
そして、夜は外観も店内もすごーく味があります。
店に入る前、別ルートで同僚とたばこを買いに行く時に気付いたのですが、またまた味のある看板が。細い裏路地にぼおぉっと浮かぶこの看板。
同僚が気になってしまうはずです。
通りの看板を見る限りカフェなのですが、夜はバーになっているのです。


やっと落ち着ける場所を見つけた3人。
しばらく飲んでから店内の雑貨を見たり(またこれが皆良い仕事してるんです)、それからまた席に戻って1日を振り返ったり。
それから2~3時間でしょうか。楽しいハプニングを含んだ充実した1日を振り返りながら、締めくくりを最高のお店で迎えました。ここは絶対オススメなのでいって欲しいですね。Milk Hall


そうして、自分史上稀にみる濃い日帰り旅行は幕を閉じ、同僚とおしゃべりしながら電車に乗って家路につきました。










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • 同僚(その1)

    両手に男子というモテモテデートのはずが、
    イベント連発の爆笑集会になってしもうた...orz
    でも超おもしろかったですね!
    次回は同僚(その2)邸で「包丁を使わなくても
    うまい料理対決」をやりましょう。
    2006年09月04日 18:56
  • おろろ~ん

    いやあ、こんなに全てが揃ったのは、久々(初めて?絶対次回もやりますよ。
    2006年09月04日 21:35
  • みーや

    鎌倉大仏・・・私も「行ったことがある。」以外の記憶無し☆
    ところで地図上で「HERE」って旗持ってるニャンコがカワユイのう。(*´ε`*)
    2006年09月05日 18:05

この記事へのトラックバック

[旅行] 将軍と王子
Excerpt: 妙齢の男前ふたりと 鎌倉デートしてきました。 前日酔っぱらって電車に目をぶつけ 目から血ぃ出ている王子様と合流し(・・・) いざ鎌倉へ♪ 駅へ降りるとすぐ、 むじチャリ(無印のチャリ)&ビーサンとい..
Weblog: 花ブログレッシブロック
Tracked: 2006-09-17 19:33