■何故か今さら。

今夜は『お試しかっ!』を観ながら、このブログ書いてます。
※テレ朝の深夜番組最高。


さて、先日の『レヴォリューションNO.3』、『FLY,DADDY,FLY』と、この「ゾンビーズ・シリーズ」にハマると同時に、かなり久々の読書中毒に突入。

…そこで、何故か今さら。
電車男

電車男』を読んでみました。

今では結構よくある話ですが、ネット発の出版化、漫画化、映画化…の先駆けとなった作品達の一つですかね。

ちょうど流行が最高潮になり、映画化などもされていた頃は気になりながらも、手は出さず。


電車男

古本屋のワゴンに並んでいるところで、ようやく購入。(この当時200円。今は50円ぐらいで買えるのかな。)
買ってすぐ読むも、何かのきっかけでストップして、かれこれ何年経ったのか、というぐらい放置していたコレが、先日部屋を整理していた時に出てきたので、ちょうど読書中毒の今とタイミングもあって、読みました。


この話『2ちゃんねる』発なので、もちろん誰かが意図して生まれたものではなく、限りなく少ない可能性から生まれた珠玉の作品。
…この実話?自体も「奇跡」かもしれませんが、多分これが世に出るに至ったこと自体が奇跡ではないかと思いますね。
まず、そこに感動。

そして、誰かの意思で生まれたものではないので、「メッセージ」は無いかもしれないけど、これを本や映画にしようと考えた人が、自分が感じて共感してもらおうとした何かはあると思います。
 ①チャンスを見逃さないこと。
 ②チャンスがあったら、全力を尽くすこと。
 ③全力は自分の力だけではなく、周りの力も恥じることなく借りて、100%以上の力を尽くすこと。
 ④さらに、自分で自分を常に励ますこと。

私が感じたのは、こんな感じでした。
※他の人がみると、他にもあるかもしれないけど。

①、これが多分そもそもの基本なんでしょうが、意外と簡単なようで難しい。
目は開いていても、「チャンス」って目に見えないものなんで、頭で見ないといけないんでしょうね。
②、これもなかなか難しい。
大体「全力」というのが図りにくいものだし、50%でも自分が「全力」と思ったら全力になってしまうので、要は止まることなく、常に力を出し続けなくてはならない状況ではないかと思います。
③、これは難しいというか、その時になって突然どうにかしようと思っても、どうにもならない点で厳しい。
つまり、信じて話せる人間関係をそれまでに築いてこなければならないから。
なので、何か全力を尽くすその時のために、常日頃回りの人々を大切にしてこなければならないのでしょう。
④、これは…よく就職活動の時に「自己分析」、つまり『自分を客観的に見ること』が必要になりますが、普段はできても、何かに追い詰められた時に、最もやりづらいもの。だから難しい。


単なる過去の流行物話題の作品として、興味をもって読んだこの作品でしたが、このように想像以上に深かったです。
もちろん、ただメッセージを感じるだけのものではなく、物語として非常にテンションがあがります。
ある程度編集しているとはいえ、自然に生まれたこの起承転結がすばらしい。

ごちそうさまでした。
4日間ほどかけて読みました。


…さて、次は今日借りた、次の「ゾンビーズ・シリーズ」、『SPEED』を読みます。
http://www.amazon.co.jp/SPEED-zombies-%E9%87%91%E5%9F%8E-%E4%B8%80%E7%B4%80/dp/4048736264


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック