■ぶらり市川散歩―つぎはし、手児奈霊堂、弘法寺、里見公園・・・

12月23日のイブイブは。
先日の管理釣り場の前日夜の散歩で良い感じだったコースを昼間に改めて散歩してみた。

http://www.chizumaru.com/route/alongroad/?routeid=6eb4ea4684934fda96f9cd8a8a191a36

市川南口のタワーからでも見えるのだけど、北口のロータリーの「もつ焼きかっぱ」の角を曲がり、サイゼリヤゲームフジメガネスーパーなどが入ってる角を右折、そのまままっすぐ14号を突っ切って行くと、真間川の奥に向かって延びる1本の道がある。





大門通り」というらしい。
JR市川京成市川真間のどちらから見ても、ちょっと外れにある「路地」に近いポジションの通りであるため、3年近く住んでいて、これまで全くノーマークだったが、こないだケータイをなくして、docomoショップに行った時に気づいた。

そんなポジショニングにも関わらず、色んな店があり、人通りも多い。
そんな道が気になってその日の散歩コースに認定。


しばらく真っ直ぐ歩き続けると、真間川を渡る。
真間川


さらに直進すると、「つぎはし」。
川の無いところに突然赤い橋がかかっている。
つぎはし

これは、夜歩いた時には気づかなかったな。

一応、左右を確認してみても、川はない。
…が、川らしきものがあった形跡はある。
川の名残り


この「つぎはし」は、『真間の継橋』と言って、かつて万葉の時代にこの地に存在した数々の洲を渡す橋がこの「つぎはし」だったそうだ。
真間の継橋

読み人知らずながらも、万葉集に載ってるって、知る人ぞ知る、というヤツかな。
こういう「川の記憶」を辿ると、プチ「ブラタモリ」な気分だ。





そして、その先に進むとすぐ右手に参道があって、『手児奈霊堂』。
手児奈霊堂

ここも万葉集に載っている。
手児奈霊堂



元の道に戻って、「大門通り」の突き当たりに進むと、『弘法寺(ぐぼうじ)』。
手児奈霊堂」ともども、こないだ夜は暗くってさすがに行けなかったスポット。
弘法寺(ぐぼうじ)山門

このリベンジは、ここに来るために企画したようなもんだ。


階段を上がる途中にある看板を見ると、ここもまた万葉集に登場するスポット。
弘法寺

市川って、文学の道にあるように、北原白秋永井荷風という文学や、宮本武蔵里見氏、旧幕府軍に同行した新撰組の土方歳三など、古くは7世紀から、戦国時代、幕末、明治~昭和と、時代はバラバラだが、地味に登場してくるので面白い。


階段を登りきると、立派な門がある。
仁王門

仁王門と言うのだそう。

門をくぐってその奥に進むと今度は立派な樹がそびえる。
大木


さらに、90度右を見ると、存在感のある樹が。
伏姫桜(ふせひめざくら)

ホームページで確認したら『伏姫桜(ふせひめざくら)』と言うのだそうだ。
これは春になったら是非見に来なきゃな。

さらにさらに、60度右に振り返ると「鐘楼堂」。
鐘楼堂

・・・こんな歴史ある建物がいっぱい残るスポットが市川にあったとは。
しかも、ホームページを見る限り、この日に見逃してしまった建物がまだあるようだ。
これは桜の季節にでも伏姫桜を見るのと合わせて改めてこなくては。
弘法寺の解説



さて、『弘法寺(ぐぼうじ)』の山門へ戻り、出て左へ。
その先の八百屋の角を曲がって、弘法寺(ぐぼうじ)のある台地を左になぞって進む。
確かこの辺、11月にやってた「ぶらり途中下車」で紹介されていた場所だな。
…とは散歩をしている時は気づかずスルー。
ここもまた来なくては。

そのまま台地の淵をなぞり、しばらく進んで千葉商科大学(CUC)の方へ坂を登る。
そして、アーチェリー場などを横目に抜けると、大通りへ。

そこを右折、しばらくして左折すると、良い感じの並木道。
並木道


そのまま真っ直ぐ進めば、里見公園に出る。
http://livingalone.at.webry.info/201004/article_2.html
なるほど、こういう位置関係だったか。
…チャリンコも車に比べて、土地感をじっくり味わえると感動したが、徒歩はさらに丹念に味わうことができるのだな。

北条氏と里見氏が激しく戦った古えの古戦場
なんて名残りはみじんも無い静かな里見公園からは、今日もスカイツリーがよく見えます。
里見公園

…ってか、里見ってその里見だったか、って今頃気づく。

園内の看板を見ると、この里見公園を含めて、いくつかの公園を合わせて『水と緑の回廊』なる散歩コースがあるようだ。
次はここを攻めてみよう。


里見公園を出て、江戸川に出る階段を降りていく。
階段


そして、いつもチャリでも通る川沿いの道へ。
江戸川

ここまでで1時間以上。
チャリなら20分足らずで廻っているコースだが、やはり徒歩は時間がかかるな。
でも、こうじゃなきゃウォーキングの効果はあるまい。





そうして、市川橋のあたりまで到着。
ここから家まではもう少しあるが、とりあえず一通り終了。
事業仕分けで仕分けられる前に完成してしまったスーパー堤防を見上げると快晴。
非常にすばらしい散歩日和だった。
スーパー堤防と快晴

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック