■生涯最長最強最悪

いつも通り、普通の週末だと思っていました。

客先での打合せが早めに終わり、少しお茶をして帰社。
運動のため、非常階段から6Fのオフィスに戻り、自分の机に座ろうとした瞬間におきました。


水曜日にも『今までで結構強い方じゃない?』という地震があったので、同じぐらいだと思っていました。
10秒、20秒、30秒…1分、2分、3分…、それどころか5分は経ったのではという頃でもおさまる気配はありません。

初めて体験する長い強い揺れヒビが入ってゆく壁…恐怖でした。


いつまでもおさまる様子が無いので、揺れが続くまま、避難の指示。

避難経路の非常階段は壁がボロボロ。
さらに、『12階で火災が発生しました』という警報がいっそう恐怖を煽りました。


避難した会社そばの公園でまた強い2発目
隅田川沿いに見える首都高が肉眼でわかるぐらい激しい横揺れをしていました。
あれがウチのビルに倒れて来ていたら、逃げられない大惨事だったかもしれません。

間違いなく我が人生最長、最強、最悪の地震なのに、ラジオを聴けば東京は『震度5強』で、東北は『震度7』ということに絶句。



1時間ほどして余震が落ち着いたので、家が同じ方面に向かう4人パーティで帰宅開始。
以前より、ちょいちょい都内にチャリで来ていたので、帰宅ルートはバッチリ。(こんな形で役立つとは)

新大橋通りをひたすら千葉方面へ。
人の行列と、車の渋滞

船堀から北上して、14号に折れて江戸川を渡れば『ようこそ、千葉へ』の文字。
http://www.chizumaru.com/route/alongroad/?routeid=80d2cab5039b46f18eb05c37359d4778

チャリだったら、50分程度の距離ですが、4時間かかりました。


子供を託児所へ引き取りに行くと一人と別れ、私の自宅へ。
恐る恐る開けてみましたが、ものが落ちてる程度。
そういえば、道すがらの店等も普通に営業してる店も多く、ウチのビルが免震でハデに揺れ過ぎなのかもしれません。

駅そばのマイブームのラーメン屋『』で腹を満たし、市川北部の親戚宅に身を寄せる一人を送り届けて22時過ぎ
崩れたブロック


濃ゆい1日でした。
頻繁な余震に気が抜けず、寝不足です…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

■『約10日後』~東北地方太平洋沖地震~
Excerpt: あの3月11日から、約10日が経過しました。
Weblog: 男の一人暮らし~旅行、チャリ、映画、小説、仕事とか
Tracked: 2011-03-23 01:58

■男はつらいよ―柴又、押上、浅草
Excerpt: 先日の地震以来、徐々に落ち着いては来てるけど、まだまだ影響の残る生活。 普段はこんな時期にお休みはいただかないけど、今回は年度末ギリギリに有休をいただいて、ブラブラしました。
Weblog: 男の一人暮らし~旅行、チャリ、映画、小説、仕事とか
Tracked: 2011-03-31 01:42

■チャリ旅―『久々のチャリ「水元公園」』
Excerpt: あの3月11日以来。 http://livingalone.at.webry.info/201103/article_3.html
Weblog: 男の一人暮らし~旅行、チャリ、映画、小説、仕事とか
Tracked: 2011-04-24 23:49