■いざ「ゆずっ子」の聖地、横浜市磯子区岡村町へ―ゆずの地元ツアー2010

先日の『ゆず アリーナツアー 2009-2010「FURUSATO」』以来、すっかり「ゆず」づいてしまった私。
http://livingalone.at.webry.info/201002/article_7.html

そこで、遂に行ってしまった。
岡村町

横浜市磯子区岡村町。「ゆずの地元ツアー」。

※2011はこちら
http://livingalone.at.webry.info/201106/article_6.html


今日2010年3月22日(月)
昼。

スタート地点の根岸に到着。

ホームから出口へのルートは2つあるが、いずれも山側に出る改札につながっている。
つまり、改札口は1つ。迷うことは無いでしょう。
根岸駅

根岸駅には初めて降りた。

(ていうか、全く生活圏じゃないので、このゆずの地元ツアー」じゃなきゃ、来る機会は無いだろうな。)




岡村町を通るバスは、

・78系統磯子駅行き
・133系統上大岡駅行き


このいずれかで行けるようだ。(2010年現在!)

目指すは、最初の目的地オリオンスポーツ
降りるバス停『古泉』だ。
「ふるいずみ」…×
こいずみ…○
※「こいずみ」が正解だ。

『「ふるいずみ」まで』
と言って、一瞬キョトンとされたけど、
『岡村町の「オリオンスポーツ」まで行きたいんですけど…』
と伝えたら、こいずみだと教えてくれた。

親切だ。


さあ、それではいざ岡村。
いざ、岡村町へ出発





で、『古泉(こいずみ)』に到着。
※少し前から、電柱の住所が「岡村」に。
 そしたら、『古泉(こいずみ)』は目前だ。


※地図右側に見えるバス停に着く。

進行方向に向かって正面(地図で見てバス停のすぐ左)の交差点が『岡村中学校前』だ。
そして左に曲がると、交差点の角に『岡村中学校』がある。
北川悠仁と岩沢厚治の2人が通った母校だ。
岡村中学校

すぐに1週できる距離なので、一巡りしてみるのも良いだろう。

進行方向に向かって交差点を右に曲がると、第1ポイントのオリオンスポーツ
オリオンスポーツ

※ブルーラインの弘明寺から、

・9系統「滝頭(たきがしら)」行
・9系統「磯子駅」行
と行った逆サイドから来た場合の『古泉(こいずみ)』バス停は、店の目の前にある。

こちらのお店は、普通のスポーツ用品はもちろん、あの学校指定の『岡村中ジャージ』が購入可能。
全国向けに通販までやっているというから驚きだ。

ここでは、訪れた「ゆずっ子」のために、お手製の岡村町の地図をいただける。

また、レジの横には「ゆず」ゆかりのグッズや、2人と地元の方々との写真などがズラリ。
もちろん、ゆず アリーナツアー 2009-2010「FURUSATO」のツアーTシャツも既にある。


地図をいただいて、さあ本当の出発だ。

そのまま、バス通りを道沿いにテクテク。
※地図をもらっていれば大体わかるが、根岸・磯子エリアの地図もあれば安心だ。

結構狭い道なのに、車通りも多い。
ゆっくり左に向かってカーブしていく道をそのまま行くと、
電柱に「岩沢接骨院」

おお。
電柱に「岩沢接骨院」。

今日のゆずの地元ツアー」としてはゴールにあたる岩沢接骨院が電柱広告まで出しているとは。
期待が膨らむ。

そして、そのまま前に進むと、
とんかつ美とんさくらい

とんかつ美とんさくらい
ここでは、ゆずメニューがいただけるのだそうだが、残念ながら、この時は腹が減ってなかったので、スルー。
※もらった地図がスタンプラリーになっていて、そのうちの1つがココだったのだが、それは後で気づく。
(またいつか来よう…)




…そのすぐ先に「岡村交番前」交差点。
ここを左に曲がると天神がある。
※曲がるところは、鳥居があるので、すぐわかるはず。

曲がってすぐのチョイ急な坂道を上がっていくと左手に赤い手すりの階段が。
階段

その階段があがっていくと、
ゆずの壁画

ゆず」の壁画だ。

その右下には色紙。
色紙

どっちが悠仁で、厚ちゃんだろうか。
まだまだ修行の足りない私には読めない。。。

とりあえず、左の色紙が2010.1.2
今年の初詣に来たのだろう。
そして、もう1枚は.10.2.20
…なるほど、ゆず アリーナツアー 2009-2010「FURUSATO」で横浜アリーナに帰ってきた時だな。
その成功を祈念しにきたのだろうか。

そして、壁画の後ろを振り返ると、
岡村天満宮

岡村天満宮』。

さらに、右手を見ると、
岡村幼稚園

岡村幼稚園」。
http://www.ne.jp/asahi/okamura/youjien/
厚ちゃんが通った幼稚園だ。
あの坂と階段だ。
送り迎えだったのかな。

天神横の社務所で、スタンプラリーのスタンプをいただく。
※スタンプのために、インターフォンを押せば出てきてくれる。
ホントに「ゆずっ子」達に暖かい町だ。
オリオンスポーツと合わせて2つ目。
ついでに、初詣がまだだったのを思い出したので、今年初のおみくじも。
大吉
色々幸先が良いな。
天神にご挨拶をし、次のスポットへ向かう。


「岡村交番前」の交差点まで戻り、そのまま真っ直ぐ行くと、
100階段

噂の100階段

100段目

階段の途中にちゃんと段数がカウントされててわかりやすい。
ホントだ、100段ある。

…で、後ろを振り返ると、
「すみれ」のアルバムの、あの階段

すみれのアルバムの、あの階段だ。
歌詞カードの3ページ目辺りの階段だ。
(見比べると、もう少し暖かい季節に撮った写真のようだ)


その階段の先に。
岡村小学校

岡村小学校
2人の通った小学校。
仲良くなるのは、中学校からのようだ。


再び、振り返ると、
「すみれ」ジャケット裏の写真の場所

すみれジャケット裏の写真の場所。
おお、おんなじだ。


はたまた、100階段の方に戻っていくと、これも「すみれ」ゆかりらしい。(勉強が足りないな)
通学路としてかけた橋だそうだ。

高台にある岡村小よりも、道路を挟んでさらに高い高台から下るためだけの階段。
これが無い時は相当しんどい通学だったろう。

そこから100階段と反対の左の坂を下る。
桜道

桜道。
このあたりは本当に「すみれ」づくしだ。
歌では、ダッシュで駆け上るが、元気な小学生なら可能か。

つぼみ

桜は開き始めているものもあるが、まだ咲いていない。
惜しい。
あと少しだったか。



そこから、また「岡村交番前」の交差点まで戻る。
交差点を右折。

しばらく行くと、
育美幼稚園

『育美幼稚園』
悠仁の通った幼稚園だそうだ。

で、その幼稚園をスルーして、丁字路を右折すると…、
最初の交差点に、
モンテ

おお、これがあの。

斜向かいに、
天栄

こちらもゆずメニューがいただける。
※ちょいちょい、指が写りこんで、すみません。。。


そして、ラスト。
岩沢接骨院&道場

『岩沢接骨院&道場』
厚ちゃんの実家。
悠仁の幼稚園とは、目と鼻の先だったわけか。
幼稚園の時に既にすれ違っていたのかも。。。


今日のツアーは、これで終了。

軽く挙げただけでも、
・小笠原文具店
・三殿台遺跡
・小林商店
・仲久保公園
・清水ヶ丘公園

これだけ行かなかったところがある。
※他にも、PVとかで使われた場所がいっぱいあるようだ。

これは、またこの町に来るきっかけとして残しておこう。。。

●今日の徒歩ルートはこちら。
画像



その後はブルーラインで関内へ。
さすがに坂の町をなんやかんや約3km歩いたし、実際ここに着たら腹が急速に減って来た。

中華街。
もしもツアーズ」で観て以来、ずっと食べたかった、『梅蘭』のかた焼きそば。
かた焼きそば


1700円のセットが、予想以上に多くて、空腹から一気に満腹。
中華街を散策するも、まだ落ち着かず山下公園へ。
山下公園

大桟橋埠頭から、豪華な国際客船が汽笛を鳴らしながら旅立つ。

今日の旅は静かに終了した。





【主なゆず系記事(★ネタばれ注意)】
■YUZU ARENA TOUR 2013 GO LAND
■YUZU ARENA TOUR 2012/13 YUZU YOU ~みんなと、どこまでも~
■ゆず15周年ドームライブ―二人で、どうむありがとう[6月3日 東京]
■ゆず15周年ドームライブ―二人で、どうむありがとう[6月2日 東京]
■「ぴあ 39th FAREWELL"39 -THANK YOU-" ~車輪小僧の大回転~」
■YUZU ARENA TOUR 2011 2-Ni- 追加公演(7/9 横浜アリーナ)
■YUZU ARENA TOUR 2011 2-Ni- ×FUTARI 本公演最終日(6月19日)
■チャリ合宿、『YUZU LIVE CIRCUIT 2010 SUMMER FUTATABI』
■ゆず アリーナツアー 2009-2010「FURUSATO」


【ゆずの地元ツアー】
■いざ「ゆずっ子」の聖地、横浜市磯子区岡村町へ―ゆずの地元ツアー2014
◎いざ「ゆずっ子」の聖地、横浜市磯子区岡村町へ―ゆずの地元ツアー 2011
◎いざ「ゆずっ子」の聖地、横浜市磯子区岡村町へ―ゆずの地元ツアー2010





セーニャ・アンド・カンパニー
ゆず

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 青 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

"■いざ「ゆずっ子」の聖地、横浜市磯子区岡村町へ―ゆずの地元ツアー2010"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: